順番受付
獣医師出勤表
スタッフルーム
  • LINEで送る
2014.11.14

ハッピーバースデイ♡

秋はスタッフのお誕生日ラッシュ☆☆☆ 今年の誕生日プレゼントはカップラーメン!!笑 夜中のカップラーメンが大好きな院長へ50種類のカップラーメンをかきあつめました♡ 私たちは院長からおそろいのパジャマをいただきました♡ ローソクの数は数えないでくださいね。笑

  • LINEで送る
2014.02.28

3月の獣医さんの学術活動

院長 3月23日(日) 日本臨床獣医学フォーラム 京都地区大会 3月29日(土) ぶぶ漬け倶楽部 勉強会 橋爪獣医師 3月23日(日) 日本臨床獣医学フォーラム 京都地区大会 3月29日(土) ぶぶ漬け倶楽部 勉強会 伊藤獣医師 3月2日(日) ロイヤルカナン セミナー 3月23日(日) 日本臨床獣医学フォーラム 京都地区大会 3月29日(土) ぶぶ漬け倶楽部 勉強会 竹林獣医師 3月2日(日) ロイヤルカナン セミナー 3月23日(日) 日本臨床獣医学フォーラム 京都地区大会 3月29日(土) ぶぶ漬け倶楽部 勉強会 ※ぶぶ漬け倶楽部は、2002年夏に院長を含む京都市に開業する4人の獣医師が立ち上げた勉強会です。  月に一度、診療後や休診日に外部から講師を呼んで勉強会を開催したり、会員の各先生が発表したりしています。

  • LINEで送る
2014.01.30

日本獣医がん学会

先日、大阪で開催された日本獣医がん学会に本院の伊藤先生が参加されました。 近年、獣医療の高度化が進んでいること、またご家族の犬、猫への意識の変化により、 ワンちゃん、ネコちゃんが長生きできるようになりました。 それに伴い、高齢疾患である心臓病、腫瘍などが多く見られるようになりました。 そのため、犬、猫の心臓病や腫瘍のエキスパートを育成したり、様々な心臓病や腫瘍に対する知識を維持するために日本獣医循環器学会や日本獣医がん学会が設立されています。 これからも、ワンちゃん、ネコちゃんが長生き出来るように、精一杯、新しい知識を学んでいきます。 また、心臓病、腫瘍ともに早期発見が大切ですので、ご家族で日常のケアやスキンシップ行い、体調の変化を観てあげて下さいね。

  • LINEで送る
2014.01.18

京都市獣医師会 セミナー

1月19日の日曜日に京都市獣医師会のセミナーがあります。 このセミナーで、当院の竹林先生が 「子犬のジアルジア症診断におけるスナップ・ジアルジア®の有用性およびフェバンテル合剤の治療効果の検討」 という研究を発表されます。 ジアルジアは子犬の消化管内に寄生する原虫で主に下痢を引き起こします。 また、人獣共通感染症の一つで、人に感染することもあります。 今回の研究では、正常便の子犬でも約40%でジアルジアが感染していることを明らかにしました。 そのため、6ヵ月齢以下のワンちゃんにおける、健康診断内での糞便検査が重要となります。ジアルジア症は、駆虫薬の内服で治療ができます。 検査は、少量の糞便により検査キットを用いて簡単に検査することが可能ですので、 糞便検査をしたことのないワンちゃんは、是非検査をしましょう。     橋爪勇人

  • LINEで送る
2013.11.07

11月の獣医さんの学術活動

11月の獣医師の学術活動 <院長>  11月7日(木):皮膚科の塾  11月8日(金):診療後・JBVP京都レクチャーシリーズ「腎臓病」(京都)  11月10日(日):京都市獣医師会学術講習会「マダニ媒介性疾患」(京都)  11月12日(火・午後)〜13日(水・午前):JBVPカンファレンス(東京)  <橋爪獣医師>  11月8日(金):診療後・JBVP京都レクチャーシリーズ「腎臓病」(京都)  11月10日(日):腎臓病セミナー(大阪)  11月16(土)〜17日(日):動物臨床医学会(大阪) <伊藤獣医師>  11月8日(金):診療後・JBVP京都レクチャーシリーズ「腎臓病」(京都)  11月10日(日):腎臓病セミナー(大阪) <竹林獣医師>  11月8日(金):診療後・JBVP京都レクチャーシリーズ「腎臓病」(京都)  11月10日(日):腎臓病セミナー(大阪)

  • LINEで送る
2013.11.07

皮膚科の塾

今日は午後から休ませていただき大阪で皮膚科の塾「ながたの皮膚科塾」に参加してきました. 10月から皮膚科診療の知識向上のために半年間塾に通っています. 患者様にはご迷惑をおかけしますが,3月まで月に一度午後のみ私の診療を休ませていただきます. 人見誠

  • LINEで送る
2013.11.03

獣医さんのお勉強

勉強会に参加 11月2日(土)定例の勉強会に参加してきました.勉強会の名前は「ぶぶ漬け倶楽部」京都市内の11病院の院長先生と勤務医の先生が参加しています. 基本は各病院の先生が症例や勉強したことを発表してみんなでディスカッション.著名な講師を呼んでセミナーや実習してもらって勉強しています.